長崎県とはどんな県?

長崎県とは、九州地方の北西に位置する県で、面積は約4千平方キロメートルで、人口は約134万人のエリアです。日本の都道府県の中でも最も島が多い地域としても有名です。海岸線の長さは、日本第一位の県となっています。

 

ハートの石を探せ!グラバー邸

グラバー邸は、長崎港を臨む小高い丘の上にあります。長崎の代表的な観光スポットになっています。長崎県の中で、9つの洋風建設を公開している中の一つ。トーマス・ブレーク・グラバーは貿易商人で日本の近代化に貢献した人物です。このスポットには、ちょっとした楽しい見所があります。洋館を取り巻くエリアは石畳となっていますが、園内にはハート型の敷石が二つあるのです。ハートを探してみてはいかがでしょうか。

 

最古のゴシック様式教会!大浦天主堂

大浦天主堂は、約150年前の開国初期に建てられた、現存する日本最古の木造ゴシック様式教会です。かつては、フランス寺とも呼ばれていました。教会内部に入るとステンドグラスが美しく、建物の天井も独特のアーチ型で魅力的です。細部に渡り見所がたくさんある教会です。

 

中国の雰囲気漂う!長崎孔子廟

長崎孔子廟は、中国政府との華僑によって建てられた聖廟です。廟内の石像や建材は、全てが中国のものが使用されています。招福アイテムも多数あるのでチェックしてみてください。このスポットでは、2月に長崎ランタンフェスティバルが開催され多くの観光客で賑わいを見せます。このお祭りの最中には、街中に1万5千個の極彩色のランタンが飾れれて、幻想的な世界となりますので、お祭りの時期に訪れるのがオススメです。