山梨県とはどんなところ?

山梨県は本州内陸に位置する日本の県の一つで、関東地方に属します。面積は約4465平方キロメートルあり、総人口は約82万人です。山梨県の最南端には富士山があり、富士山周辺に富士五湖があることでも有名な地域です。

 

逆さ富士が美しい!河口湖

山梨の主要観光スポットとしてあげられるのが、河口湖。富士五湖の中で最も北に位置しています。富士五湖の中では、最も早く観光開発されたこともあり、河口湖の周りには見所や観光スポットが満載です。特にオススメなのは、河口湖遊覧船や天上山ロープウェイ。また、水面が澄んでいる時には逆さ富士を楽しむことが可能です。周辺の代表的な観光スポットしては、河口湖木ノ花美術館や河口湖オルゴールの森などがあります。特に河口湖オルゴールの森は、ヨーロッパをイメージした街並みが広がり、海外旅行しているような気分になります。

 

日本一の高さを誇る!富士山

山梨の最南端にあるのが富士山です。2013年には世界文化遺産にも登録され、観光客が増えているスポットです。5合目まではバスや車で行けるため、気軽に観光に行けます。5合目にはレストランやお土産購入スポットが多数あります。富士山に登りたいのであれば、山開きしている7月初旬から9月初旬のみなのでスケジュールをチェックしておきましょう。山頂からの朝日を拝みたいのであれば、8合目あたりでの一泊プランがオススメです。山小屋を早めに予約しておくようにしましょう。

 

澄んだ水が魅力!忍野八海

忍野八海は、富士山麓にある湧き水の池で、水がとても澄んでいることで有名なスポットです。富士山の雪解け水が、20年以上かけて濾過されて溜まった水が池となっているため、池の美しさは天下一品です。